トップページ › 三陸唐桑再生プロジェクト

三陸唐桑再生プロジェクト

美と幸の三陸 唐桑町 「再生」プロジェクト

再生プロジェクト概要

震災後の変わり果てた唐桑町

私たちの暮らす宮城県気仙沼市の唐桑町は、代表的なリアス式海岸で出来ています。

太平洋に面した海は、ホタテ・若布、内海の気仙沼湾は「唐桑産カキ」の産地として海と共に生活してきました。 人口の8割が漁業に関連のある仕事をしています。

3月11日、東日本大震災による大津波が町を襲いました。
鳴り響く大津波警報の中、沖合へ避難する漁船、高台を目差し必死で避難をする住民。
入り江を残さず飲み込み、住居・漁船・漁港施設、すべてを奪っていきました。
後に残ったのは、ガレキの山・・・ただ、呆然と立ちつくすしかありませんでした。

震災後の景色
震災後の景色

海辺に押し上げられた漁船
海辺に押し上げられた漁船


しかし、漁業者は、沖合に避難させた船や、陸に打ち上げられた船、養殖資材をガレキの中から集め、少しずつではありますが復活に向け、動き始めています。
親や祖父の代から何十年と行ってきた漁業を見捨てられない。離れられない。海で生きていく。


復旧状況報告

三陸唐桑町復旧状況報告

◀唐桑の水産業が復興していく姿を逐一ご報告しております。